キウイパン工房~保育士キウイの保育術

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きういぱん工房

保育士キウイの保育術 !先生ってしあわせ 保育士応援ブログ

【スポンサーリンク】

感謝♡初めてほしい物リストが届きました!大人も楽しめる絵本「りんごかもしれない」

こんばんは大変ご無沙汰していましたキウイです。

3月の年度末から4月末の現在まで、保育士の仕事が本当に大変で大変でてんてこまいでした( ;∀;)

そんな仕事に追われる中、とっても嬉しい事にはじめてほしい物リストが届きました♡♡

サプライズ設定になっているので突然自宅に送られてきたAmazonの封筒。インターネットで買い物をした覚えがなく届いたすぐは分かりませんでしたが、宛名である本名の下にあるキウイの文字にピーンときました。

送ってくださった方、本当に有難うございます!!!///

プレゼントはこちらの絵本「りんごかもしれない

f:id:kiwi-chan:20170421220421j:image

え?りんごかもしれないってなに??

と知らない方もいると思うのですが、この絵本めちゃくちゃ面白いんです!

想像力を高める絵本「りんごかもしれない」

物語のはじめは、テーブルの上に置いてある一つのりんご

このりんごを見て少年は色々な想像をし始めるのです!

もしかしたら、これはりんごに見えてりんごじゃないのかもしれない。

  • もしかしたらこれはりんごに見えて反対側はみかんかもしれない
  • ひょっとして赤い魚が丸まっているのかもしれない
  • じつはなにかのタマゴかもしれない
  • そだてると おおきないえに なるのかもしれない
  • もしかしたら かみのけとか帽子がほしいのかもしれない
  • かなしくなると 白くなるのかもしれない

と、抜粋するとこんな感じで「りんご一つ見ただけココまで考えるか!笑 」尊敬するほどです。

この「りんごかもしれない」の絵本のようにどんどん想像をしていくと世界の視野が広がりますよね!

「りんごかもしれない」はまさにりんごはりんご当たり前という、一つの肯定感にとらわれないある意味とっても夢のある・想像力を掻き立ててくれる素晴らしい絵本です。

実はこの絵本「りんごかもしれない」は子どもだけでなく大人も楽しめる絵本となっています。

 

 広告

 

一度じゃ飽きない!ずっと見ていられる挿絵

絵本の命である挿絵。この「りんごかもしれない」は何処と無く図鑑のようでこの挿絵が細かく描写されており何度も楽しめるようになっています。

例えば、りんごにはきょうだいがいるのかもしれないという想像を文にしたとき。

あなたはどんな挿絵を描きますか?イメージしてみてくださいね。

りんごが大勢集まっている絵でしょうか、それども帽子や赤ちゃんのよだれかけをつけたりして兄弟感を表現するでしょうか。わたくし凡人の考えはそのくらいでした。

しかし!「りんごかもしれない」ヨシタケシンスケさんの発想は格別です。

f:id:kiwi-chan:20170421223714j:image

らんご りんご るんご れんご ろんごーーー!!!w

もう「そうきたかー!」って叫びそうなくらい面白いです。

文の想像力をはるかに超えた想像力の挿絵の投入で物語を楽しませてくれます。やはりここは絵本の良さが100%出し切れているといったところでしょうか。

これにはまだ続きがあって…ページをめくるのが嬉しくてニヤニヤしてしまいます!

お話だけでなく絵をじっくりじっくり見て考えて楽しめる発想絵本です。

 

数多くの人に認められる「りんごかもしれない」

これだけおもしろいヨシタケシンスケさんの発想絵本「りんごかもしれない」はやはり多くの子供や大人に読まれ好評の声が続出!

絵本の帯にも堂々と書いてある通り受賞も続々あるようです。

  • MOE 2013 絵本屋さん大賞 第1位
  • 第61回 産経児童出版文化賞 美術賞
  • リブロ絵本大賞 第2位
  • 第2回静岡書店大賞 児童書新作部門 第3位

裏帯には、素晴らしいキャッチコピーが謳われていました!

 哲学? 妄想? 発想力?

かんがえる頭があれば、世の中は果てしなくおもしろい

ヨシタケシンスケさんがこの絵本で伝えたい最大のメッセージですね。

 

 年長さんに「りんごかもしれない」を読み聞かせしてみたよ!

せっかく頂いた最高な絵本「りんごかもしれない」

年長組に読み聞かせしてみました。 反応がとっても面白かったです!

絵本を見せるなりいきなり『あー!それお家にある!すき!』と教えてくれ知名度を実感したり

『え?りんごかもしれないってなに?それりんごじゃん!』とさっそくタイトルに食いついてくれました。

思うツボな子どもの反応に先生は内心ニヤニヤですよ、もう可愛いわ。

全体での話しの途中は、集中しながらじーっと見て考えているのが分かりました。

終わるなり、子どもたちは挿絵でも紹介したりんごにはきょうだいがいるのかもしれないのところがすきだったみたいで、大盛り上がりでした(*゚∀゚*)

さっそく他のもの(バナナ)に当てはめてみて「バナナのきょうだいはバナナ、べナナ…」と順に言ってみたり「わはは!ぶななってなにっw」とツボに入ったようで友達と笑いあったりしていてほのぼのした時間となりました。

後々 バナナのきょうだい をイラストにして先生のお手紙に描いて持ってきてくれたりしてきゅんとしました(笑)保育室のボードに飾ってあり、また一つ先生の宝物が増えました。

「ねぇねぇ、ちょこっと絵見たいから貸して」と興味を持ってじっくり読んだり「キウイ先生、りんごかもしれない、おもしろかった!またよんでね♡」と言ってくれてりんごかもしれないは子ども達にも大好評でした!

 

りんごかもしれない

本当におもしろいので子どもから大人までおすすめします!

素晴らしい絵本をプレゼントしてっくださった方、

改めて本当にありがとうございました!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

【スポンサーリンク】