キウイパン工房~保育士キウイの保育術

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きういぱん工房

保育士キウイの保育術 !先生ってしあわせ 保育士応援ブログ

【スポンサーリンク】

パートのおばさん保育士の責任感のなさに怒っています

こんばんは。

今日はすこしイライラしています(΄◉◞౪◟◉`)

f:id:kiwi-chan:20170203000455p:image

私は正職員でクラス担任を持っているのですが、1歳児クラスの為に複数で保育をしています。

 

延長保育となり、わたしが職員室で仕事をしているときに子どもをみていた保育士から内線がはいりました。

「顔をこすったら少し赤くなったので保護者の方につたえてほしい。」との事でした。

電話をかけてきたのは40代パートの保育士。

話を聞きに部屋にいくと、Aくんの顎のあたりがこすれて赤くなっている。痛そう、、

訳を聞くとどうやら、電話をしてきた保育士がポケットからボールペン🖊をうっかり落としそれを拾ったAくんが自分の顔にラクガキをしてしまったらしい。

そこで、汚れを落とそうとして顎のあたりを部屋にあった劇落ちくん(白い研磨スポンジ)でこすったら赤くなったとの事。

 

えっ。と思わず固まりました。

なぜそんなものでこすったのか!。・°°・(>_<)・°°・。

あれは床や壁の汚れをこすって落とすもので、もちろん肌に使用して良いわけがない。

摩擦の熱で、軽い火傷のような状態になったのでした。

消そうと必死なあまり、考えが及ばないパート保育士の発想に驚きましたが、それ以前にあまり悪びれた様子のない態度が気になりました。

 

まるでボールペンで書いてしまったAくんが悪い様な雰囲気にとてもイラっとしました。

 

保育士がボールペンをしっかり管理して落とさなければAくんは手にして書く事はなかったし、なによりそんな劇落ちくんで柔らかい肌をこするなんて。私からしてみれば本当にありえないです。

 

その上うちの保育園では、重要な連絡や怪我の謝罪はすべて主担任が行う事になっています。これは、うちの保育園だけでなくどこの保育園でもそうなのかな。

 

そう、保護者の方にこの件を謝るのは主担任としてすべての責任がある私なのです。

 

今回のケースは怪我や子ども同士のトラブルではないんだし完全にパート保育士が謝るべきだと思ったけど、保護者の方に直接謝ることはしてくれませんでした。

「まあ、でも担任はキウイ先生だしね、ごめんねー、お願いします。」 

逆に考えればこんな人に保護者の謝罪は託せない。

 

幸いお母さんは、いえいえうちの子もイタズラばっかりすみませんでした。と笑いながら言ってくださいましたが…

とっても もどかしい気持ちでした(・ω・`*)

本心で怪我していいよ、なんて思っている親なんていませんからね。分かっています。建前で言ってくださる分保育士は有り難かったりします。申し訳ないです、、

 

Aくんごめんね。痛かったね。

 

1歳児といえば誕生日が来て2歳になる子どもたちがいます。年間を通してみると、1歳1ヶ月から2歳11ヶ月通して1番成長が幅広いです。

 

2歳は自我が芽生え右も左も分からない状態なとても手のかかる幼い子どもたちです。(1番可愛い時期です♡)

 

パートさんは大々的な責任があまりないからか少し気が抜けてついお喋りしたりダラダラしたりとどこか他人事な所があるひとがいます。

もちろんそうでない方はたくさんみえますが…!

 

保育士はやはりどの立場でも責任のある仕事です。

 

しっかりと子どもを責任をもって見てほしいと切実に感じた出来事でした。

 

 

【スポンサーリンク】